ここは花/と/ゆ/めにて連載中の仲/村/佳/樹/先生ス/キ/ッ/プ/・/ビ/ー/ト/!の二次創作小説サイトです。
管理人の趣味・趣向が前面に出ている非公式ファンサイトですので、
純粋にス/キ/ビを愛している方、同人に対して嫌悪感を抱かれる方は、お手数ですがプラウザにてお戻り下さい。
一部年齢制限を設けている作品はパスワード制です。18歳未満の方はご遠慮下さい。


★裏パスについてはコチラをご覧下さい。

★実はこっそり応援しています!
スキ*スキ*スキビ祭 様

SKBアンソロ計画 様

とりむるてぃ(仮) 様

京都、恋物語。の記事一覧

--.--.-- スポンサーサイト
2010.07.12 京都、恋物語。 第2話
2010.07.12 京都、恋物語。 第1話
Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2010.07.12

京都、恋物語。 第2話

旅館で一番広い大宴会場では毎日朝礼が開かれる。

女将、旦那、若女将、若旦那、料理長(うちの場合は旦那さんが兼業)を上座にするのだが、今日もまた1人人数が揃っていなかった。

「京子さん、松太郎はいないんですか?」

昨日も電話したけど留守電だったし、メールを送っても当然返事はなかった。

女将には何を言っても無駄な事は分かっている。だから私は反論なんてしない。頭を下げて数分我慢すれば解放されるんだから・・・。

「・・・申し訳ありません。」

「俺ならここにいるぜ。」

まさに京子が頭を垂れたその瞬間、座敷にいた全員が部屋の入口の襖にもたれ掛かっている男を注視した。

男は旅館に似合わない程に髪を金色に染め、ジーンズにレザーのジャケットを合わせ、歩けばジャラジャラと音がするほどのアクセサリーを身に着けていた。

「松太郎、何ですかその格好はっ!正装しなさい!」

いつもは冷静な女将もこればかりは堪えたらしい。頬を真っ赤に染めて全身を打ち震わせるほど怒りに満ちていた。

「うるせぇなぁ。京子が何度も何度も電話してくるから来てやったのに、もう帰るからなっ!」

そう言って部屋を出て行こうとした松太郎はふと足を止め、上座へ目線を向けた。

「京子、お前は俺のストーカーか?!しつっこいんだょ!二度と電話もメールもするなっ!!」

そう言ってスパンッと襖を閉めた松太郎を女将は追い掛けて座敷を出て行ってしまった。



―――ザワザワザワ。

「若旦那、さらにすごい格好になってたわねぇ。」

「えぇ~、かっこいいじゃないですかぁ!私若旦那の顔なんて初めてみました。」

「あんなのが若旦那だなんて・・・この旅館潰れるんじゃない?」

「それにしても”ストーカー”だなんて・・・若女将は自分の妻でしょ?!信じられない!」

仕切り役の女将がいなくなった途端、従業員達は口々に好きな事を話し始めた。

もちろんヒソヒソと小声で話しているけど、私の耳にはちゃんと届いていた。

だからって傷ついたりしない。

これが私の日常、死ぬまで続く運命なんだから―――。

「みなさん、お騒がせしました。それでは今日も一日、お客様に快適なお時間を提供できるように頑張りましょう。」

「「「「「よろしくお願いします。」」」」



挨拶を済ませて自分の持ち場へと戻る従業員達を見送り、ひとり座敷に残された京子はやっと肩の力を抜く事が出来た。

「はぁ~・・・」

まだ朝だって言うのに指1本も動かしたくないほどに疲れてしまった。

それにしても、何だって松太郎は朝から顔なんて出したんだろう?いつもなら無視してくれるのに。

私だってあいつに来てほしいなんてこれっぽっちも思っていない。

どうせ来たって仕事はしないし、文句ばかりで女将さんの逆鱗に触れるだけ。そのとばっちりを食うのは当然私だ。

女将さんの手前、一応連絡はしたけど掛けたのは一度だけ。もちろん留守電も残していない。

メールだって”女将さんが出て来て欲しいそうです”とだけ入力した。

なのに”何度も何度も掛けてくんな”なんて、何を考えてるのかさぱり分からない。

「今日は長い一日になりそうだわ・・・」

京子はそう呟くを思い腰を上げて座敷を後にした。



***



「若女将、若女将!」

ロビーを通りかかると、今年の4月から入ったばかりの仲居に呼びとめられた。

柱からひょっこり顔を出して嬉しそうに手招きする姿はとてもかわいくて、京子は思わずくすっとわらいながら足を運んだ。

「真樹ちゃん、どうしたの?」

「さっき番頭さんに予約の受付の仕方を教えてもらってたんですけどね、その時ずっごい予約が入っちゃったんですょ!」

「すごい予約?」

「今年の9月から始まるドラマの撮影が京都であるんだけど、うちの旅館を使わせてほしいんですって!」

「ドラマの撮影?だめよ、そんなの。うちは一切お受けしていな事知っているでしょ?」

京都でも指折りの老舗旅館。

これまでも撮影依頼があったけど一度も受けた事はない。それが女将さんのモットーでもあるからだ。

「撮影じゃなくて宿泊ですよ、宿泊!」

真樹ちゃんの話によると、主演俳優の所属事務所の社長さんが撮影の1か月間、スタッフと出演者全員をここに泊めたいらしい。

総勢89~133名の大所帯(その日によって人数は変わるらしい)だけど、俳優陣だけは個室でスタッフは大宴会場を貸し切って雑魚寝で構わないとの事。

お布団一式や足りない備品は言ってくれれば事前に用意するという何とも壮大な話に、開いた口がふさがらないとはこの事だな、と思ってしまった。

「話を聞いた女将さんも喜んでましたよ!」

「お、女将さんが?OKしたの?」

「はい。だって考えてみて下さいよ。1か月間89~133名の団体客。いくらだと思います?」

そう言った真樹ちゃんの口元はニヤニヤ緩みっぱなしで思わずつられそうになったけど、はっと我に返った。

「ま、真樹ちゃん、下品な話は慎みなさい。」

「はぁ~い。でも楽しみぃ~!女将さんも一緒に撮影見学しましょうね♪」

「そうね。」



真樹ちゃんは本当に可愛い子だと思う。

今年高校を卒業してうちに来た未来への希望に満ちあふれた彼女がただただ眩しかった。

私だって2年前までは絶望の中にも微かに光る希望が、高校さえ卒業すればここを出ていけるという希望があった。

それも高校卒業と同時に勝手に進められた松太郎との結婚で打ち砕かれた。

それから2年、私は未だに暗闇の世界から抜け出せてはいない。それどころか私にはもう抜け出す気力すらない。

未来への希望も、日々の楽しみも、私には何もない。

あるのはただ、この旅館で名ばかりの女将として馬車馬のように働かされる未来だけ―――ただ、それだけ―――。







←気に入って頂けたら拍手してもらえると嬉しいです゚+。(o・ω-人)・.。*

(。-ω-。)-------------------------------------------------あとがき-------------------------------------------------(。-ω-。)



まさかとは思ったけど・・・長編決定だwww


スポンサーサイト
Date:2010.07.12

京都、恋物語。 第1話

地球の人口68億人。日本の人口1億3千万人。
こんなにたくさんいるのにどうして私が選ばれたのだろう?どうして運命は私を選んだのだろう?
今さら抗えない。嘆いてもどうしようもない。痛いほど分かっているのに今日もそんな無駄な事を考えてしまう私は、なんて愚かなのだろうか……。


***


私の朝は着物を着る事から始まる。
その日の天気や客層、さらにはロビーに生けるお花の色までを頭に入れて着物や帯締めを決める。こんなところにも心遣いがあるなどと気付いているお客様は居ないかもしれない。
だけど私はこの作業が嫌いではない。いや、むしろ好きだとさえ思う。
それは身に着けているだけで気が引き締まる着物が好きだというのもあるけれど、何よりも私がいるこの空間と一心同体になれたような気持ちになれるからなのかもしれない。私がいるべき場所はここなのだと、嫌でも思わせてくれるから……。


「若女将!15時着の団体さんの予定が変更になって13時には着くそうです!どうしましょう?!」
ロビーでお客様にお茶を出して館内の説明や近場の観光スポットの説明をしていると奥から一人の仲居が小走りで近づいてきた。
「お騒がせして申し訳ありません。それではごゆっくりお寛ぎ下さい。失礼致します。」
キョーコはゆっくり頭を下げると向き直り「ちょっと……」と仲居を物陰に誘導した。
「お客様の前で大きな声は出さないで下さい。まずは落ち着いて。女将さんと料理長に伝えて下さい。
 それとお部屋の準備は最優先でお願いします。他のお客様は16時以降に到着なさるから後からでも間に合うでしょ。」
「は、はい。」
「団体さんと言っても12人。焦らなくても大丈夫ですょ。」
そう言ってにっこり笑えば少しでも気が紛れたようで、若い仲居はほっとした顔で事務室に向かって行った。
「はぁ、12人か……大変だわ……」
仲居にはああ言ったけど団体客が2時間も早く到着する事はとても大変な事だ。それに伴って変更しなければならない事が山ほどあるし、変更になったからこそいつもよりも完璧に対応しなければいけない。
しかも予定が変更になったお客様は少なからず機嫌を損ねている事が多く、少しも気を抜けないのだ。
普段よりも気を引き締めなければっ!
キョーコは小さく拳を握り締めると「よし」とばかりに一度頷き、カウンターの奥へと入って行った。


***


「今日は突然の事で大変だったと思いますが、皆さんが頑張ってくれたのでお客様に不快な思いをさせる事もなく終える事が出来ました。 これからもこんな事があると思います。普段から心に留めておけば焦らず済みます。それではお疲れ様でした。また明日もよろしくお願いしますね」
1日が終わると女将が全従業員を集めて挨拶、つまりは反省会をするのが当旅館の決まりだ。
もしかしたら接客時よりも緊張するかもしれない女将の挨拶が終わると、従業員は皆其々の持ち場へと戻って行く者、部屋へ戻って行く者で多少賑わう。
キョーコも例外ではない。が、それが許される事は皆無に等しい。
「若女将、あなたはちょっと私の部屋へ来て下さい」
皆が部屋を出た事を確認してから、もしかしたら今日は何事も無く部屋に戻れるかもしれないというゼロに等しい期待を込めて立ち上がろうとした瞬間、女将の低い声が響いた。
やっぱり今日も簡単には終わらせてくれないのね……。
女将には見えないように顔を下に向けたまま自嘲気味に笑みを零すと、諦めたような生気のない声で「はい」と返事を返す。
擦り足で音も無く歩く女将の後ろを、まるで売りに出される子牛のようにキョーコはとぼとぼと歩いた。


女将の部屋とは普段は使わないただの休憩用の部屋を指す。
道順をちゃんと覚えていないと従業員ですら時には迷ってしまうほど旅館の奥に位置し、とても静かだ。襖を開けても廃れた小さな庭が眼下に広がるだけで、隔離されているような場所。しかし当の女将は休憩時間もカウンター裏の事務所に詰めていて、この部屋では休憩する事など皆無だ。つい先日も”館内にある離れ”として客室用に改装したらどうかという案まで出た。
だけど私は皆が好きだと言うこの部屋が正直好きではない。

「今日はお疲れ様でした。慌てる仲居に掛けた言葉と笑顔は女将らしいく、とても素晴らしいものでした」
また影から見てたんだ……。
「ありがとうございます」
スっと差し出された湯のみに手を掛けると「やっぱりね」と思う話が始まった。どうせこっちが本題だろう。
「ところで、今日も松太郎の姿が見えなかったけど、どういう事かしら?」

「それが・・・私も連絡してるんですが繋がらなくて・・・」

この言葉を聞いた女将の空気が一瞬で変わったのが分かる。

「っ・・・申し訳ありません。」

三つ指をついて頭を下げると、女将はいかにもわざとらしい溜め息を漏らした。

「はぁ~全く。男一人もまともに相手できないで、いずれはこの旅館を継げると思っているの、キョーコさん?」

「・・・」

「男なんて身体と甘い言葉で繋ぎとめておけばいいの。そんな事もできないから松太郎が外に女を作るんですょ?!」

「・・・はい・・・申し訳」

「謝らなくていいわ。明日は松太郎にも仕事をさせなさい。いい加減に若旦那としての仕事を覚えて行かないと私が恥ずかしいわっ。

 組合でもまた何て言われるか・・・そう思うと憂鬱で仕方がないわ。若女将のあなたがしっかりしてくれないと困るの。分かるわね?」

「はい・・・」

「はぁ・・・今日はもういいわ。部屋に戻りなさい。」

「お疲れ様でした。失礼致します。」



所作に気をつけながら部屋を出て向かったのは、旅館の裏手にある森の中。

暗いけど慣れた場所だから怖くなんてない。逆にだんだんと近づく水音に心が弾むようだ。

小さな小道を抜けると開けた場所に辿り着いた。

「気持ちいい~」

水辺の岩に腰を下ろし足袋を脱いで足を水へ浸すと、1日中立ちっぱなしだった足が解れていくような感覚がする。

この場所に始めて来たのは私が子どもの時、まだ6歳になったばかりだった―――。



***



「お母さん、ここどこ?」

母親に手を引かれて来た場所は大きなお城のような家だった。

普段は手を繋いでもらう事もなくて、初めて繋いでもらった母の手が温かかった事だけは今でも覚えている。

「キョーコ、ここでお別れよ。今日からは女将さんがあなたを育ててくれるから、我儘を言って迷惑を掛けないようにしなさい。」

それだけ言うと玄関で出迎えた男女に軽く頭を下げ、一度も振り向く事もなく去って行った。

「お母さ~ん、どこ行くの~?私も行・・・きゃっ!」

必死に追いかけたけど大人の歩幅に追いつけるわけもなく、足が縺れて転んでしまった。

私が泣き叫んでも振り向きもせず、立ち止まりもせずに去って行った母の背中は冷たかった。



それからは学校に行けば捨て子だといじめられ、帰れば旅館の手伝いをさせられた。

何不自由なく育てられたが、何かがいつも足りなかった。

それが何なのか知った時、すべてがどうでもよくなってしまった。

子ども心にも母に捨てられた事が分かったし、社会の勉強で”丁稚奉公”と言う言葉を知った時は妙に冷静に自分の立場を受け止めた。

でも本当に逃げ出したいと思った時には、すでに手遅れ。



あの頃に戻れるのなら、何をしてでもここから逃げ出したい。

今日も私は無駄だと知りながらも微かな希望に思いを馳せた―――。


←気に入って頂けたら拍手してもらえると嬉しいです゚+。(o・ω-人)・.。*

(。-ω-。)-------------------------------------------------あとがき-------------------------------------------------(。-ω-。)


コミック25巻を見てさらに松太郎が大っ嫌いになった。
そして思った。
松太郎を思いっきり悪者にしてやろう(▼皿▼メ;)
すでに大嫌いなのにさらに大嫌いになるようなお話は逆効果な気もするけどもういいの。
きょこたんには申し訳ない内容だけど……。
Template by まるぼろらいと

Copyright ©昼ノ月、夜ノ太陽。のブログ。 All Rights Reserved.
underthemoon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。