FC2ブログ

ここは花/と/ゆ/めにて連載中の仲/村/佳/樹/先生ス/キ/ッ/プ/・/ビ/ー/ト/!の二次創作小説サイトです。
管理人の趣味・趣向が前面に出ている非公式ファンサイトですので、
純粋にス/キ/ビを愛している方、同人に対して嫌悪感を抱かれる方は、お手数ですがプラウザにてお戻り下さい。
一部年齢制限を設けている作品はパスワード制です。18歳未満の方はご遠慮下さい。


★裏パスについてはコチラをご覧下さい。

★実はこっそり応援しています!
スキ*スキ*スキビ祭 様

SKBアンソロ計画 様

とりむるてぃ(仮) 様

Date:--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date:2010.02.16

I'm sorry,I love you...act.2

I'm sorry,I love you…act.2


社長の手前、一応喉から出そうになる言葉を飲み込んでいる椹と坪井は思わず顔を見合わせていた。
坪井は”京子”のマネージャーである時点で蓮との事は知っていた。
別れた事こそ聞いてはいないが、蓮が仕事の合間にわざわざ会いに来る事がなくなり、
京子が蓮のマンションではなく自宅へ帰っている事も鳴らない携帯を見つめていた事も知っていたから。
なんとなく気付いてはいたが敢えて口には出さなかった。
こんな時同性のマネージャーなら、と思っても仕方がないと分かっていたから、今はそっとしておくべきだと思っていた。
椹もタレントセクションの主任であり、俳優セクション主任の松浦とは親友だから蓮と京子の事は知っていた。
二人とも高感度ナンバーワン同士だし同じ事務所だからマイナスにはならない、むしろプラスになると大賛成していた。
((それがなんでこんな展開にっ??!!))


「・・・黙っていても解決しないと思うんだが・・・」
「・・・確かに、蓮と・・・敦賀さんとの事が大きなきっかけではあると思います。
 私は女優が大好きです。タレント活動もとても楽しいし、一生続けていくんだと思っていました・・・」
ゆっくり、ゆっくりと話すキョーコの言葉に三人は耳を傾けていた。
今にも問い詰めたい気持ちを抑え、キョーコの言葉を聞き洩らさないように、固唾を飲んで聞いていた。
「・・・ずっと興味がある事があって、でもお仕事をもらってる身だし、趣味でいいと思っていて・・・
 でもふと思ったんです。私はなんで一生女優でいようと思ったのか、って・・・好きとか楽しいだけが理由じゃなかったんです。
 ただ敦賀さんの側にいたい、肩を並べて歩きたい、追いつきたい、そう思っていました。
 その事に気付いたら無性に自分が恥ずかしくなってしまって・・・
 これじゃあ昔の自分と何一つ変わっていない!!
 愛に執着して自分を見失って何もなくなって・・・結局また、愛を恐れるようになってしまう!!」
キョーコは俯いていた顔を上げ、まっすぐ社長の目を見つめていた。
「ラブミー部に入って琴南さんに出会って敦賀さんに出会って、たくさんの人に出会ってやっと愛を取り戻せたんです。
 ・・・私はもう愛に絶望したくない!この気持ちを失いたくないんです!!」
「「「・・・・・・」」」
「もちろん事務所にも御仕事先にもご迷惑をお掛けする事は分かっています。極力影響は最小限に留めたい。
 それが私からのお願いです。
 我儘だと、無理を言っている事も分かっています。でもお願いします!!」
キョーコはソファの横に移動し、深々と土下座した。


***


午前中のCM撮影のために取り合えず話は夜に、という事になった。
練習通りに演技できた、と思う。
坪井さんと椹さんは何とか納得してくれるかもしれない。
でも社長は・・・あの社長だからなぁ~。ふふっ。簡単には騙されてくれないでしょうねぇ~。


「・・・おい京子。お前笑ってる場合か?!事務所に爆弾落したんだぞっ!!」
ハンドルを握りながらも助手席に座る京子の様子を覗ってたらしい坪井は呆れたようだった。
「ごめんなさい、笑ったわけじゃないの・・・ちょと、ね。」
「はぁ~。お前はいつもいつも想像を超えた事してくれて有難いよ、まったく!!」
「そうですね、ごめんなさい。でも私の気持ちは変わらないから・・・」
「分かってるよ、この頑固者がっ!それで?トップ女優の座を捨ててまでやりたい事って何なんだ?」
「それは秘密っ!まだ形にもなってないんだからとても言えないわ。」
「あ~そうですかっ!17歳の時から5年間もマネージャーやってるってのに冷たいねぇ~」
「感謝してます、本当に。坪井さんがいなかったらここまでやってこれなかったし、
 敦賀さんともスキャンダルにならずにこれたのは社さんと坪井さんのおかげですから。」
「俺は5年だけど社は6年間もよく隠してきたなぁ~。後輩だけど気ぃ抜いたら社に追い抜かれそうだな」


本当にありがとうございます。
坪井さんがいなかったら、社さんがいなかったら、私はきっと途中で潰れていたと思う。
蓮を愛するだけの、昔アイツを中心に世界が回っていた頃のように、自分の足で立つ事もできない人間になっていたと思う。
この6年間がなければこんな選択できなかった。
だから絶対に後悔なんてしない。





←気に入って頂けたら拍手してもらえると嬉しいです゚+。(o・ω-人)・.。*

(。-ω-。)----------------------------------------あとがき----------------------------------------(。-ω-。)

act1を書きなおした後だからなんか疲れました。。。
短いし会話文多いし、読みにくくてすみません。
なんとなく思っていた話数より長くなりそうですので気長にお付き合いくださいwww









お手数ですがプラウザでお戻りください\(_ _*)m(_ _)m(*_ _)/


スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©昼ノ月、夜ノ太陽。のブログ。 All Rights Reserved.
underthemoon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。